ページトップへ

ご縁結び処

出雲市立木綿街道交流館

江戸・幕末へ誘う本石橋邸

交流館は医家、旧長崎家を復元した案内所兼休憩所で、蕎麦などが味わえる飲食店や多目的に利用できる研修棟を併設しています。隣接の本石橋邸は国の登録有形文化財に指定されています。石橋本家にあたる本石橋は、大地主であり、「平田木綿」の集荷を中心にした荷宿として木綿街道を象徴しています。
邸内は江戸中期の面影が色濃く残り、松江藩主が大社参拝などの途中で休憩した「御成座敷」や見事な出雲庭園が見られるほか、幕末に活躍した国学者、大国隆正にまつわる逸話が遺され、江戸、幕末へと誘ってくれます。

木綿街道
大国隆正の書と行の庭  邸内では幕末から明治期に掛け一室を開放して学校(郷校)が開かれており、島根県下第1号の学校に発展していきます。さまざまな歴史が刻まれた同家をガイドの案内で見学できます。

ホームページアドレス http://www.momen-kaidou.jp

〒691-0001 島根県出雲市平田町841
TEL.0853-62-2631 FAX.0853-62-2632

◎交通アクセス/
一畑電車「雲州平田駅」降車、徒歩8分
【駐車場】無料(4台)※徒歩5分にも共用駐車場あり

縁結びおすすめ情報

縁の木だまり

平田舟の船着場、「縁の木だまり」は一里塚のエノキと荒神さんのタブが見事に抱き合って連理となっており、縁の木だまり300年以上も人々の営みを温かく見守っています。縁の木だまりは「連理の契り」を願う場でもあります。

交流館/やすらぎ亭

交流館の「やすらぎ亭」は麺類やサイホンコーヒーなどが好評ですが、特に土曜・日曜限定のそば打ち名人による手打ちそばは大好評。ぜんざいに使用するお餅は全国の品評会で上位入賞の仁多米を使用。手打ちそばお土産ショップの綿製品や平田ならではの商品も人気を呼んでいます。

前へ戻る